MENU

採用情報

扶和グループHOME > 採用情報 > 先輩紹介 > 國本 弦

壮大なスケールでビジネスを展開したい。

営業部 國本 弦 (2012年入社)

扶和メタル株式会社 東京支店

鉄屑業界のレジェンドに憧れて。

学生時代の夢はパイロットになること。まわりが就職活動を行うなか航空大学校への進学を目指して試験勉強に励んでいました。しかし一次試験を通過したものの視力検査で不合格に。失意のなか偶然テレビで目にしたのがFUWAメタルUSAの特集でした。

今まで全く知らなかった業界ですが、世界を舞台に繰り広げられるスクラップ商売のスケール感や、鉄屑業界のレジェンドと呼ばれていた当時の社長のバイタリティに一瞬で魅了されました。もともと海外志向が強かったためアメリカで働きたい、世界を相手に仕事がしたい、そんな想いを抱き扶和メタルに入社しました。

入社後1年間は大阪で現場研修を行い、2年目に東京支店に配属されました。東京支店は韓国・ベトナム・台湾・中国などを中心にスクラップの輸出入を行う海外取引が盛んな支店です。しかし、貿易に関する専門知識がなければ実際に海外取引を担当することはできません。

まずは国内の仕入れ業務を担当しながら、輸出入に関する契約書類を読み込むなど必要な知識を一つずつ学んでいきました。

大切なのは「挑戦したい」という意欲。

私が初めて担当した海外取引はアメリカからミックスメタルを輸入する仕事です。ミックスメタルとは鉄・アルミ・銅・ステンレスなどさまざまな金属が混載されたものですが、今までほとんど取扱い実績がなく会社としても新たな挑戦でした。

販売先は既に確定しており仕入先も難なく見つかりましたが、ちょうどその時期にアメリカの西海岸でストライキが発生。作業が完全にストップし販売先への納入が2~3カ月遅れるというトラブルに見舞われました。契約上ストライキによる遅延は不可抗力とみなされるため私たちが責任を負うことはありませんでしたが、海外取引の難しさを改めて思い知らされました。

今はまだ上司のフォローなくして、海外取引を完結させることはできません。しかし、意欲があれば責任ある仕事にもどんどん携わっていくことができる環境です。

将来的な目標はアメリカに駐在して世界を相手にビジネスを展開すること。貿易知識や語学力などを高め、さまざまな案件に挑戦していくことで必ず実現させたいと考えています。

FUWA BUSINESS 扶和グループ事業紹介

グループ事業一覧

鉄鋼資材・製品事業

国内外のスクラップ回収・加工・鉄鋼メーカー等への供給及び、リサイクル鉄鋼資材を各地に供給

事業詳細

貿易事業

米国・アジア諸国を中心としたグローバルビジネスを展開

事業詳細

建設資材・スラグ事業

良質な骨材・スラグを道路・コンクリート骨材などの建設資材として供給

事業詳細


倉庫事業

効率よく配備されたストックヤードによりニーズに応じた安定的な供給を実現

事業詳細

物流事業

ニーズに応じたタイムリーな供給を実現するための運搬体制を整備

事業詳細

太陽光発電事業

環境保全取り組みの一環とした国内7ヵ所での太陽光発電運用

事業詳細

CHANGE & CHALLENGE
「変革」と「挑戦」。それが私たち扶和グループの原動力です。